各種トレーニング歴30年だから言える実際の運動効果
最新記事

各種トレーニング歴30年だから言える実際の運動効果

各種トレーニング歴30年だから言える実際の運動効果を話したいと思います。まずは私自身の運動やトレーニング歴ですが、小学2年生の時にブルースリーに憧れ空手を初めて25歳まで継続していました。また泳ぐことも好きでしたので、その影響から千葉の海岸でライフセービングの業務を5年程度勤めていました。


その他、大学時代にラグビーを少々かじる程度など、体を動かす事は50歳近くなった今でも行なっています。そしてメインは筋トレに関してですが、筋力トレーニングは15歳から開始し今でも継続してますので筋トレ歴は35年ですね。最初の5年は遊び感覚でしたのでカウントしていません。


大学時代はボディビル大会に出場の経験もあり、とにかく体を大きくする事に何十年も費やして来た人生です。社会人になってからは筋トレとは関連のない仕事が続きましたが、4年目に念願のパーソナルトレーニングジムをオープンさせ現在に至っています。


筋トレは今ブームとも言われるほど話題になっていますが、様々な情報が蔓延して筋トレに取り組む初心者の方は色々と悩む事も多いと思います。結論を先に言ってしまうと「継続すればデカくなる」この一言です。例えば男性の憧れの分厚い胸板を手に入れようとベンチプレスをひたすら行なったとします。しかし人によっては「私もその1人」ベンチプレスは腕に効いてしまい、胸に刺激が入らない方も存在します。


このように人が100人いれば100通りのトレーニングが存在するという事を理解しましょう。自分では今のトレーニングが「感覚的」にあっているけど、書籍には違う事が、またはYouTubeでは違う動画が….なんて流されてはいけません。自分の「感覚」が一番信用できるのです。私はベンチプレスは効果が低いと信じてフライ系の種目に変更しました。現在も100キロ近くのフライをマシンで行なっています。この結果、胸囲は130オーバーです。


パーソナルトレーニングを経営するワイズボデイメイクで指導していると人それぞれでトレーニングメニューを変えなくてはならない難しい選択が求められます。私が素人トレーナーを推奨しない理由は経験値が低いので、数パターンの刺激の加え方しか知らないからです。角度、軌道等を変化させる事で一種目のトレーニングも数十の刺激を与える事ができるのです。本来パーソナル指導というのはそれができて当然のことですね。


そして今回はもう一つ重要な話をしたいと思います。年齢を増すにつれて筋力や心肺能力は低下してくるのは当然ですが、50歳近くになると特に心肺機能の低下が著しく目立ちます。よってハードな話になってしまいますが、50歳を過ぎてからは筋トレと同時に有酸素系の運動も重要視する事を心掛けましょう。


 

Author

web@tajihiro.jp
大分市にてワイズボディメイクを運営しております。
Total post: 38