大分市スポーツクラブ
最新記事

大分市のスポーツクラブも変化を求められる時代に突入

大分市のスポーツクラブも変化を求められる時代に突入します。これは避けてはいけない問題なんです。現在各種スポーツクラブ関連サービスを取り巻く環境は大きく変化しようとしています。最大のポイントは少子化と高齢化問題です。


スポーツクラブは一昔前は、気軽に誰でも入会し、プールで泳ぎ、少しトレーニングマシンを利用して帰る程度の使い方が主流でした。しかし高齢化社会が進むにつれて、単純な経営では難しくなってきます。私は常に唱えています「トレーニングは説明商品」である事を。


説明商品とは誰が何の為に何をしなくてはならないのかを説明して販売する商品です。実は運動自体も今後は説明商品になるのです。おそらく個人運営の小規模トレーニングスタジオは消えて行くでしょう。なぜならば説明商品に対応できなくなるからです。


小規模でも特別にボディービル優勝者等の経歴があれば別ですが、素人がフィットネスブームに乗って設立したケースでは間違いなく先行きは苦しいでしょう。NSCAやNESTAのパーソナルトレーナー資格保持は既に当然の事で今後は機能改善面での資格など求められる物も変化していきます。


この変化への対応がキーポイントになるのです。大分県の大分市にてワイズボディメイク大分を運営しておりますが、創業4年目にして連続の売り上げ拡大に成功しています。この理由は一言では説明できませんが、スタッフ全員が「説明商品」である事を理解している事が大きな勝因だと思います。


スポーツクラブ運営を実は近日中に思案しているのですが、私が打ち出すコンセプトは現在では存在しない新たなスタイルのスポーツクラブであり、トレーニングスタジオです。今後スポーツクラブ業界も激しい競合との戦いが始まると思いますが、自分の立ち位置さえ間違えなければ必ず成功するはずです。


TOP

Author

web@tajihiro.jp
大分市にてワイズボディメイクを運営しております。
Total post: 38